タグ:浅田次郎 ( 1 ) タグの人気記事

小説「壬生義士伝」(上)(下) 浅田次郎

a0098479_2174138.jpg

浅田次郎さんの著書。

新撰組と言ったら近藤勇や沖田総司を連想するけど、
この物語は守銭奴と言われながら、家族のために
新撰組に入隊した吉村貫一郎が主人公です。

二駄二人扶持(月給16万円くらい)の吉村は南部藩の足軽で妻子持ち。
貧困を苦に南部藩(岩手県盛岡)を脱藩し、壬生の新撰組に入隊する。

義(家族)のために戦い、散っていった吉村貫一郎の精神が
日本人のココロに心地よく響くような作品です。

この小説、入院中にずっと読んでたやつです。
江戸弁とか平気で出てくるからちょっと読みづらかったけど
内容はホント素晴らしいです。

以前、藤沢周平の「蝉しぐれ」について書いたことあるけど、
訴えようとしてるところは蝉しぐれとちょっと似てるかな。

きょうびの任侠映画みたいな仁義じゃなくて、
本当の義(人としての道)について描かれてるので
個人的には大好きです。

「おもさげながんす。お許しえってくだんせ。」
(申し訳ございません。おゆるしください。)
ってセリフにグッっときます!

ちなみにこの「壬生義士伝」、NHK年末ドラマや映画化もされてます。
[PR]
by clust-ichi | 2007-03-28 21:17 | 書籍